2話 「それ以上イかされたら壊れちゃう!」その触手は私の膣内を蹂躙し愛液を啜りましたのネタバレ

MENU

神の乳母2話 「それ以上イかされたら壊れちゃう!」その触手は私の膣内を蹂躙し愛液を啜りましたのネタバレ情報

 

異形が百合恵の体にしがみついている。

 

異形の下腹部から伸びるモノに本能的なおぞましさを感じ、彼女は必死で抵抗しました。

 

しかし体は思うように動かず、そのまま畳に寝転んでしまいます。

 

異形から、へその緒のような触手が伸びてきた。

 

 

 

「それを・・・どうするつもりなの??」

 

 

 

その触手は、太い男性器のようにも見えます。

 

その創造どおり、へその緒は勃起するように伸びて、彼女の下腹部へと迫ります。

 

 

「う、うそ・・・!!!」

 

 

へその緒は下着へといたり、中へ潜り込んできました。
そして秘部を探るように、あのおぞましい先端部がうごめきます。

 

「おねがーーーーい、それだけは許して!!」

 

 

ずぷんっっにゅるにゅるにゅる・・・

 

異形のおぞましい触手が侵入してきます。

 

 

「ああっだめ、そんなに深く・・・」

 

夫のものすら届かない奥底に、わたしの子宮口にまでたやすく至ってしまいました。

 

 

膣内からは触手を歓迎するような分泌液があふれ、へその緒はその液体を味わうようにさらに激しくうごめきます。

 

 

どうやら異形は女性のこの体液を欲して、わたしの膣を侵していたようでした。

 

 

ちゅるちゅるちゅるちゅる・・・

 

 

(いやあ飲まないでぇそんな恥ずかしい音・・・)

 

しかしそのあと、何度も何度もわたしは強制的に絶頂させられました。
わたしは憔悴しきって、指一本動かすことができません。

 

 

(早く帰って・・・あの人とユウくんの食事の支度をしないと・・・)

 

 

「お願い・・・もう許して」

 

 

 

 

「あらあらすっかり仲良しになったわね。」

 

 

 

いつの間にか帰宅していたあの女性が、わたしを見下ろしながら、うれしげに言いました。

 

 

「お願いです・・・今日のことは・・・この子のことは誰にも言いませんだから、わたしを、家に帰してください・・・!」

 

 

「ええもちろんよ。その代わり・・・」

 

 

 

どうやら百合恵は神様の乳母に選ばれようで、この役目から逃げたりしたら神様は彼女も家族も許さないだろうと・・・

 

 

>>3話 「ごめんね…ママのお腹この子に盗られちゃった」子宮の奥まで侵し尽くされた母のネタバレ