3話 「ごめんね…ママのお腹この子に盗られちゃった」子宮の奥まで侵し尽くされた母のネタバレ

MENU

神の乳母3話 「ごめんね…ママのお腹この子に盗られちゃった」子宮の奥まで侵し尽くされた母のネタバレ情報

 

神の乳母3話 「ごめんね…ママのお腹この子に盗られちゃった」子宮の奥まで侵し尽くされた母のネタバレ情報

 

 

あれから毎日、百合恵は「ベビーシッター」としてこの部屋を訪れていました。

 

 

この異形に体を犯されるのは、耐え難い苦しみだったが、家族に危害が加わることを考えると、逃げだすことはできません。

 

 

彼女を部屋に招き入れると、いつもあの女性はどこかへ出かけてゆきます。
そして異形は餌のにおいを嗅ぎつけた動物のように、のそのそとベビーベッドから出て、彼女にはいよってきます。

 

 

私の体へと這いよる異形は、最初の時よりも一回り大きくなっていた。

 

 

たった数日で成長するこの異様な存在に、そしてその糧になっているのが、私自身であることに、吐き気を催すほどの嫌悪感をいだきます。

 

異形は体によじのぼり、おもむろに乳房へしゃぶりつきます。
まだ目は見えていないようですが、もはや乳首を探して迷うそぶりもありません。異形は彼女の体を所有者のごとく知り尽くしていました。

 

 

「そんなに吸ったって・・・・母乳は出ないのよ・・・」

 

 

言葉がわかっているのかいないのか、むさぼるように乳首をしゃぶりつづけます。

 

 

異形に胸を汚されるのは不快でしかありませんでしたが、これが終わったあとの「よりおぞましい行為」を思うと、されるがままになるしかありません。

 

 

異形がひときわ強く胸を吸い、それだけで彼女は軽く達してしまいました。

 

 

あの人の愛撫でだって、こんな感じたことないのに・・・

 

 

異形のへその緒が私の下腹部に伸びていきます。
彼女は、愛する家族の顔を思い出し、これから行われる陵辱に耐える覚悟をしました。

 

 

そして、それはついに子宮口の中に侵入してきました。

 

 

未知の快感・・・

 

 

(おなかの奥でこの子とつながるの・・・気持ちいい・・・おかしくなっちゃう・・・)

 

 

「もっと・・・もっとして・・・神様ぁ」

 

 

 

そしてこのころから百合恵は、この異形の・・・神様の乳母を続けているのは、自身の快楽を得るためだと自覚しはじめていました。

 

 

>>4話 「お願いあなた起きないで…っ」眠る夫の隣で異形に身体を捧げた人妻のネタバレ