6話 「好きなだけママの中に出して」成長してオスとなった異形との生殖行為のネタバレ

MENU

神の乳母6話 「好きなだけママの中に出して」成長してオスとなった異形との生殖行為のネタバレ情報

 

神の乳母6話  「好きなだけママの中に出して」成長してオスとなった異形との生殖行為のネタバレ情報

 

 

異形は、百合恵の母乳でかなり成長していたのだが、その大きさは人間の成人男性よりも大きい

 

 

そして、百合恵もまた成長した異形の相手をしているのです。

 

 

 

彼女は四つん這いになり、異形のソレを求めます。

 

 

 

 

「あなたのたくましいモノを私に中に挿れて」

 

 

へその緒は成長するとともに形を変え、人間と同じように股間についていてビンビンに勃起しているのだ!

 

 

 

今日は、

 

 

初めてセックスをする日

 

 

なのです。

 

 

異形は「マ”マ”」とドスの効いた声で彼女の後ろに回り、一気に性器をアソコに突き刺した!

 

 

 

ズプン

 

 

以前の触手のような物とはまるで違い、硬くて一気に奥まで貫かれる!!

 

 

 

百合恵のマ○コも気持ちいようで、教えてもいないのに素早く腰を振る異形。

 

 

その後、絶頂を迎え大量の精液を膣内に放った!!

 

 

 

こうして、百合恵は初めて夫以外の精液を子宮に受け入れたのだ。

 

 

ユウくん、お母さんを許して・・・

 

 

 

異形に対する愛おしさと、また実の息子に抱かれている背徳感と、

 

 

百合恵はこの上ない幸福感を覚えていた。

 

 

「好きなだけママの中に出して・・・」

 

 

 

 

セックスを終えると異形は横たわり、性器を彼女の前にさらした。

 

 

 

 

百合恵は女としての義務を果たそうと異形の性器をしゃぶり始める・・・

 

 

気持ちいいのか、体を震わせる異形に

 

 

可愛い・・・

 

 

さらに気持ちよくさせてあげようと今度はパイズリで可愛がる!

 

 

 

やがて射精すると、一滴残らず吸い付き飲み干すのです。

 

 

 

「あなたが満足するまでママの中に出させてあげる」

 

 

 

>>7話 「私の大切な赤ちゃん…ちゃんと産んであげるから」そして妻は母になるのネタバレ